オンラインゲーム「マビノギ」の初心者継続支援・イベント告知サイトです

マビノギ-クレッシェンド

個人商店を開こう!

個人商店(露店)は、戦闘や生産で手に入れたアイテムを同じプレイヤーに販売できるシステムです。 カバンを所持していれば開くことができるうえ、2014年5月のアップデートから無料になったことで、 マビノギを始めたばかりの方にも利用しやすくなりました。

個人商店を開くのに必要なもの

個人商店を開くに必要なものは以下の通りです。(画像はクリックで拡大します)

アイテムカバン【必須】

アイテムカバン

アイテムを陳列する際に必要で、主に雑貨店NPCが販売しています。 個人商店が開けるアイテムカバンは5種類あり、中身の形・収納できるマスの数・価格が異なります。
価格と収納効率を考えると、8×6マスのアイテムカバン(3,750G)がオススメです。

個人商店許可証【必須】

個人商店許可証

個人商店許可証は各町の銀行NPCが販売しています。 一度使用して個人商店を開いたのち、アイテムが売れて売上金が表示されると、再度使用することはできません。(売れていなければ再使用可能)
また、アイテムカバンに入れることはできないため、インベントリにスペースを確保しておく必要があります。 閉店後は売上金の入った許可証を銀行に預けることで、両替手数料を引いた金額が手に入ります。

ペット

ペットの見張り

個人商店はキャラクターが5m以上離れてしまうと、自動的に閉店してしまいます。 ペットを替わりに見張りとして置くことで、プレイヤーは個人商店から離れることができます。 その際、ペットの召喚可能時間はカウントされません。
ペット選択ウィンドウにてペットを選び、左のボタンを押すことで見張りを始めます。

個人商店ブラウニー雇用契約書

ブラウニー雇用契約書

個人商店の見張り番を、ブラウニーに任せることができる契約書です。 ペットの代わりとして見張りをするので、ペットの召喚が自由になります。
個人商店許可証と同じく銀行NPCが販売しており、契約書は現実時間の24時間以内であれば何度でも利用可能です。

個人商店を開く

個人商店設置可能範囲

販売するアイテムを揃えたら、早速許可証を購入して個人商店を開いてみましょう。 個人商店は、設置できる場所が限られており、ギルドストーンが設置できるフィールド上と、町の中の一部の範囲内のみとなります。
プレイヤーが多く集まるダンバートンであれば、右図の広場内の赤い枠内が設置可能範囲となります。

使用可能地域

設置可能範囲内で許可証を確認すると、「使用可能地域」もしくは「使用不可地域」と表示されます。 使用可能地域の状態で許可証を使用すれば、開店準備に移行します。
他の個人商店と近い場合は使用可能地域であっても設置ができませんので、間隔をあけて再度使用してみてください。

開店準備

開店準備に移行したら、売りたいアイテムの価格を設定します。 あらかじめ他の露店を巡ったりして、相場を確認しておくと良いでしょう。 同一のアイテムであれば、一括して価格を設定することもできます。
値段の設定完了後、開店ボタンを押せば個人商店が開いて販売状態となります。

個人商店開店

個人商店から離れるときは、ペットあるいはブラウニーを見張りにすることを忘れずに。
また、個人商店のタイトルは、そのままにしておくよりも、レアアイテムなどの目玉商品や祝福ポーションなどの良く売れる商品名に変更したほうが、プレイヤーの目にもとまりやすく、食いつきも良くなります。

開店時の注意

個人商店を開く際は、価格のつけ間違いにご注意ください。 一桁間違ってしまうだけでも、取り返しのつかない大きな損失になってしまいます。 価格設定時と開店時には、十分な確認が必要です。

以上が個人商店の設定方法です。 比較的簡単に設置ができますので、うまく活用して億万長者を目指しましょう!